So-net無料ブログ作成

Nao Yoshioka with Special Guest : Eric Roberson in ミューザ川崎シンフォニーホール [My Favorites]

2017-11-16 22.41.45.jpg
「音楽のまち・かわさき」のキャッチフレーズを掲げ、
川崎市はミューザ川崎シンフォニーホールをメインとして
様々な音楽イベントを絶え間なく開催しています。

2017-11-18 15.47.11.jpg
そのうちの一つ「かわさきジャズ」は今年で3年目を迎えるそうです。
今回ボクは、このイベントから
「Nao Yoshioka with Special Guest : Eric Roberson」に
昨日11月18日に行ってまいりました。

Nao Yoshiokaの存在は、
ミュージックバード・コミュニティFMで毎週月~金の21時から放送されている
「大西貴文のTHE NITE」で初めて知りました。
まさにラジオ好きならではの動機ですね。

ちなみにこの番組、
お近くのコミュニティFM局で聴けない場合は、
スマートフォンの某アプリやPCにて聴けます。
アーバン系のオシャレなR&Bなどがお好きな方は、一度ご拝聴を。

2017-11-18 17.21.52.jpg
主催者のご配慮とのことで、
公演中の撮影はオールOKとのことでした。
フロントアクトm.s.t. の皆さんのライブが1時間あって20分休憩。
この間にスタッフさんのご努力で、全く違うステージ構成に変換。
いよいよ、真打の登場です。

2017-11-18 17.37.52.jpg
Nao Yoshioka登場!!
最初この構成、シンプル過ぎないか? と感じたのですが、
彼女の歌声でそんなことはあっさり一蹴。
音の反響や広がりが抜群にいい
ミューザ川崎のポテンシャルをじっくり確かめながら、
芯のブレない彼女の歌声がホールへ染み込んでいきます。

2017-11-18 17.42.03.jpg
そして、スペシャルゲストに招かれたEric Robersonのソロパートが始まりました。
失礼ながらボクは、この日までほとんど知らなかったのですが、
ソウルミュージック界では有名な方なんですね。

エリックさん、そんな事前の知識がなくても、
その存在感と心地良い歌声が一度放たれさえすれば
「こりゃ凄いわ!!」ってこと、すぐ分かりましたよ。
会場全体を楽しくする術も素晴らしい。
ちょっとエロくて、そこはかとなく上品。
彼のバランス感覚の良さを、見事に見せつけてくれました。

2017-11-18 18.01.33.jpg
2017-11-18 18.01.42.jpg
もちろんお二人のコラボレーションもありました。
二人の歌声の絡み合い方が、抜群に心地良かった。
息が合っているだけでなく、歌声や歌い方の相性もお二人はとても良いんです。
どちらが立ち過ぎるわけでもなく、引き過ぎることもなく、
バトルのように張り合うこともない。
一つの舞台を「歌」を通して伝えられたような感覚。

ソロパートでも感じたことですが、
小手先の声だけではとても出せない歌声なんです、お二人とも。

Naoちゃんは、Nao Yoshiokaその人を構成する、
一つ一つの「細胞」から放出されるもののかたまりが、
その「歌声」になっている。
エリックさんはその人の音楽に対する「本能」が、
そのままその「歌声」になっている。

要するに、形は違って見えましたが、
その歌声がまさに、その人そのもの。
そんな共通点があるからこそ、交差したときに素晴らしい融合を見せる。
それがミューザ川崎に響き合い、ホールにも聴く者にも溶け込んでいく。

素晴らしいサポートバンドの皆さんのプレイも合わさり、
2時間ちょっとの公演も「あ、もう終わっちゃう」といった感じでした。
聴いたことない曲だろうが、技巧的な話は分かっていなかろうが、
楽しくいい時間を過ごすことができました。
撮影OKってなっていても、
スマホを一瞬掲げるその時間さえもったいないくらいの、素敵なステージでした。

フロントアクト終了後の休憩で一度席を外さなかったがために、
途中でお尻やらが痛くなったのは、ただの自分自身のミスです。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。