So-net無料ブログ作成

2016-04-09 今日の川崎駅前・今日の1曲 「Change」 Lisa Stansfield [今日の街]

2016-04-09 08.16.14.jpg
おはようございます。
羽織りものがなくても、長袖シャツ一枚で十分いけるほどの、暖かな川崎の朝です。

2016-04-09 08.16.03.jpg
トラックがちょっと邪魔だったんで、いつもより上に向けて撮りましたが、どうしても映り込みました。
でも、朝からお仕事ですからね。お疲れさまです。

2016-04-09 07.38.34.jpg
何気に先週から花を飾り始めました。
金沢21世紀美術館のショップで一目惚れした、ビニール製の花瓶を使いたくて。
一週間も経つと、大分花が大きくなりますね。
しかし、実家にいた時には忘れてましたが、お花って買うと結構値が張りますね。
これでも750円かかりました・・・まぁ、こんなもんか。

今日の1曲♪
「Change(チェンジ)」 Lisa Stansfield(リサ・スタンスフィールド)

イギリス出身の女性R&Bシンガーで、
1989年に鮮烈デビューを果たし欧米各国で大ヒットを飛ばしました。
現在のセールス自体はさほどではないですが、
ブルーアイド・ソウルシンガーの代表格の一人に間違いなく数えられる方です。
この曲はセカンドアルバム「Real Love」からのシングルナンバー。
デビュー作からのシングルに比べると見劣りするチャート結果ですが、
全米ビルボードのHot100は最高27位、
同じビルボードのDance Club SongsチャートではNo.1を獲得しています。

同時期に活躍した女性シンガーにはMariah Carey(マライヤ・キャリー)、
Madonna(マドンナ)、Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)、
Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)、Paula Abdul(ポーラ・アブドゥル)、
Celine Dion(セリーヌ・ディオン)などなど
そうそうたる顔が並びますが、彼女たちは北米出身。
英国からアメリカとは明らかに違う、オシャレ感漂うサウンドと、
決して張り切り過ぎずに肩の力を抜いてサラッと感情豊かに歌う彼女の声は、
明らかに異彩を放っていて、ボクは相当心を惹かれました。
これがイギリス、ヨーロッパなのかな、って
当時まだ洋楽を聴き始めたばかりのボクは、そう感じたものです。
1stの「Affection」と並んで、聴いていて相当心地よいサウンドに歌声。かなりおススメです。
中古CDで安く手に入りますので、気になった方は是非手にしてみては。

ちなみにデビュー当時の彼女の風貌は、
まるで現代のAdele(アデル)並みに「いったい幾つなんだよ!?」って不思議な雰囲気でした。

さて。一週間が終わりましたよ。
頑張りましたよ、今週は(今週も)。

昨日は相当調子が良くて、
3~4日かけて完成する計画のものを、昨日のうちに終わらせちゃいました。
でも提出は来週にしました。
案の定、帰り道で「あっ!?」って間違いを何個も思い出しましたから。
一晩寝かして翌日見直す。これ本当に大事ですね。

作業の順番が変わるだけで、ここまで進捗が順調に行くなんて、想定外でした。
でも、この数ヶ月で苦労してきた分、
いろいろ理解できて、ようやく身体がそれに反応し始めたんでしょうね。
全てがいい流れで進み始めました。
でも、5月末で終わっちゃうんですよね。まぁ、そんなもんでしょうけど。

そんなこんなで、
次の仕事のために、時間をなんとか割いて勉強中です。
Javaの復習に、Javaを使ってのWeb開発、それに資格を取りたいOracle。
昨晩は質素なご飯を食べてすぐに力尽き、何もできませんでしたが・・・。

今日はこれからカイロプラクティックで身体をなんとかしてもらい、
購入したテニスラケットのガットが張り終わったので、
それを引き取りに高田馬場へ行ったついでに、散り際の桜を観に散策してきます。
まだ身体は万全でないので、いつもよりゆうるりとした週末にします。
でも、結局今日の夜はテニススクールで頑張っちゃうんですけどね。
だから、何気にニューラケット、凄く楽しみなんです。フフ。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。