So-net無料ブログ作成
検索選択
(投稿終了)歳を重ねるあなたは美しい ブログトップ

アフター5のビリヤード [(投稿終了)歳を重ねるあなたは美しい]

billiard.jpg

この数ヶ月は、仕事での失敗、プレッシャー、不満、不信で
崩壊寸前、出社拒否寸前の日々が続いていた。

その日々をなんとか持ちこたえられたのは、同僚と行く業後のビリヤード。週に1~2回は行っている。
彼がビリヤード大好きで、基礎をいろいろ教えてもらっている。
彼に言わせると、ボクは結構筋がいいそうだ。
やるのは9ボール。
昨晩も行ってきて、なんと6-5で勝ち越してしまった。

お酒がそこまで飲めないので、仕事帰りに飲みに行くこともない
(同席メンバーによってはかえってストレス)。
かといって、仕事場とウチとの往復ばかりでは気持ちの発散場所がない。
こういう人間には、帰途途中にこういう場所があると、助かる。
プレーで頭も気持ちも完全に切り替えられるし、心身にとっては非常に健全な遊び。
ついつい熱中し過ぎて、帰りが遅くなって翌日眠いのが玉にキズだけど。

中森明菜 in パシフィコ横浜 [(投稿終了)歳を重ねるあなたは美しい]

7月30日日曜日。
東京公演は平日なので、休みの日に公演のある横浜を選びました。
場所はパシフィコ横浜国立大ホール。

みなとみらい駅から歩いて10分弱ですか。

続きを読む


雑音をフィルタするチカラ [(投稿終了)歳を重ねるあなたは美しい]

CDショップのHPの各商品のユーザの評価、
見るたびに微妙な気持ちになります。
まさに1億総評論家化。
自分の買おうとしたのに悪い評価があったら
買わないのかな?
見て気分悪くなるだけな感じもする。
結局買って。

掲示板ってのも、仕事で使う時以外は
無駄に疲れるのですぐページを替えます。
テレビやネット見ながらの独り言を
いちいち文字に出して何がおもしろいんだろうってね。
匿名で済むからってケンカ吹っかけてるんかな。
無駄なエネルギーだな。

「○○の××は美味しい。味に結構うるさいオレが言うから間違いない」
ってな人いますでしょ。
でも、そうでもなかったり。
味覚って個人で違うんだから、「絶対」なんてないよ。

ふと気付くと
周りに雑音が多過ぎたりしますね、このごろ。
しかも昔のそれより、そいつらには悪気がないから困る。

もともとボクは人の言葉に流されやすいほうなんで
巻き込まれて、自分だけ痛い目に遭うこと多数。
落胆、嫌悪、不信いろいろあったなー。

かといって、「自分しか信じない」って壁作るのも
結果的に自分にしっぺ返しがくるもんで。
大体全部が全部ダメな情報じゃないし。

信じられる情報、信じられる人を
見分ける力っていうのは
様々な人に会って話してみて
目を養っていかないと身につかないです。

話すとき(情報発信するとき)の気遣いも必要ですね。
ボクは人に話すとき
あくまでも「自分はこう思う」って風に言うようにしてます。
さっきの食べ物の話みたいに
どんなものでも好みが一緒とは限りませんし。
あくまでもボクの言う言葉は
「ボクの思い・考え」でしかないし。

歳とって何がいいって
自分なりの意思が強固になってきて
「自分のアイデンティティ」に自信がついてくることかな。
その頃には、無駄な情報を自然と捨ててる自分に気付きます。
ただし、自分の意見を押し付ける大人になっていないかは注意を。

誰がなんと言おうと、好きなもんは好きでよし。
だから逆に、相手にその良さが伝わらなくても、しゃあないよね。
そう考えると、人生結構楽しいもんです。


季節を愉しむ大人 [(投稿終了)歳を重ねるあなたは美しい]

今日は、めったにない休日出勤。
で、結構疲れたのもあって、自炊はせずに
ローソンの「ごはん亭」の「牛すき焼き+ごぼうご飯」と
スーパーで買った「菜の花巻き」(巻き寿司)を
ほうじ茶と一緒に食べました。

ローソンのお弁当類って
ダイエー系列の時代に比べると
信じられないくらい美味しくなりましたよ
(体育会系学生しか喜ばないような
 フライに肉だらけの1000kcal以上のばっかだったなー)。
「ごはん亭」は2種類出てますけど、どっちもなかなかいけます。
おにぎりもおいしくなったし。

「菜の花巻き」も良かったですよ。
菜の花のほろ苦さが、春の訪れを感じさせました。

考えてみると
野菜に季節感が乏しくなっているせいか
季節感を感じることのできる食べものって
クセのある味や食感のもの
例えば、野草みたいなものが多いですよね。

例えば
春の七草、ふきのとう、わらび、たらの芽、つくし
よもぎに、もちろん菜の花も。
こういうのって、冷静に考えると
食べ物じゃなかったりしますよね。
それに、子供のころは苦くてイヤだったり。

でも、大人になってからは
酒の肴にピッタリ、なんて
いつの間にやら感じられるようになったりして。
季節を味覚で愉しめるようになるということは
実は大人へのステップアップ、なんて思えます。
人生の「苦さ」を受け入れられるようになってこそ
「苦さ」も愉しめる、ということでしょうか。


新年大人の抱負 [(投稿終了)歳を重ねるあなたは美しい]

もう8日ですが・・・あけましておめでとうございます。

年末年始はパタパタしてて
書き込みをする余裕がなかったです。
so-netの障害?で全然つながらなかったのもありますが。
島根から3日の夜に
スノーボードを抱え満員の高速バスに乗って帰り
4日から仕事が始まり
6日には大阪出張。
比較的気忙しい週でした。

実家に帰っていると
いつも自分でしている基礎的な家事などをしてもらえるので
「肉体的な活動」をしない時間が増えて
その時にいろいろ考えることが多くなります。
これから書くことも、あらためて思ったことです。

28歳くらいから目指していることがあります。
「ジェントルマンになる」。
「ジェントルマン」という言葉って日本人に不釣合いですが
つまり「格好いい大人になる」ということです。

そのために常日頃何をしているかというと
(1)社会的・道徳的ルールの範囲内で好き勝手させてもらう
(2)見た目で判断されることを裏切る
ことです。

ボクは例えば、青信号にならないと横断歩道は渡りません。
「ルールを破るのが格好よくて、守るのは格好悪い」って風潮が
割と普通になってますよね。
ボクはその考えに真っ向から反発します。

大人のほうが、守るべきことを守れないことが多くないですか?
彼らの親は、多分同じことしてたんでしょうね。
子供は、大人の背中を見て育ちます。
大人がすることを「あ、それしていいんだ」と思ってやり始めます。
その子供が大きくなって、ロクな大人にならないんです。

「ルール」とは
知っている者知らない者関係なく
お互いがよりよく生きていくために作ったものです。
で、もともと「人間の良心」とか「思いやり」で解決していたことを
守れない人間がでてきて収拾つかなくなったから作ったもんでしょう。
つまりルールを守らないのは
「知らないうちに他人に迷惑をかける」ということだと思うのです。

だから勉強ができたり、経済的な成功を収めていても
ルールが守れない人間のことを
ボクは「頭が悪いヤツだ」と蔑んで見ます。

ルールを守るのが格好いいとは思いません。当然のことですから。
ただ、正当な理由もなくルールを破るのは、ダサいです。
ルールは一見窮屈そうで、実はそうでもないです。
その境界線を見極めて、範囲内で好きなようにすればいいんです。
そういった行動の加減を上手にやっていける
それが精神的な大人だと思います。

人は「見た目で人を判断するな」と言います。
でも残念ながら、「見た目で人を判断しても大抵は正しい」です。
「悪い行い」は「よい行い」より断然目立ちます。
で、見た目が派手(主張が強い)が「悪い行い」をすると
相乗効果で目立ちます。
最近は、見た目人がよさそうな人間も何するか分からない時代ですが。

ボクは、周りと同化しにくい目立つ格好をして普通に生活します。
よい行いとまでは言いませんが
こぎれいな行動を常に取ろうと意識して行動します。
「パンク」っぽかったり手指にジャラジャラつけてたり
ユニセックスっぽいファッションを普通にガンガンして出かけます。
見られるのが好きという「ナルシスト」なところがあるのも確かですが
見られる人間が普通にまともな行動をすれば
割と目立つと思いませんか?
そうやって「見た目で判断されない」
つまり中身で勝負しているのを
いやらしい言い方ですが、見せ付けているのです。

・・・と、これは個人的な極端な考え方だと思いますが
まだ30代なんて若造ですし
意識して行動しないと、こんなことできませんから。
普通のことも、ちょっと人のためになることでも
自信に満ち溢れていて、しかもサラッと自然にできれば
そんな大人の男が「ジェントルマン」かなと思います。

背中で語って子供の模範となって
しいてはその子供達が大きくなり
ボク達の住む国、世界が誇れるものになっていくと思います。
話が大きい感じがしますか?
少なくとも、ボクの子供の模範にはなりたいです。
みんながそうしたら、そんな大人が普通になったら
実現できそうな気がします。
最低限のルールを守り知らない誰かのことも思いやれて
それができなかったら、それを「恥ずかしい」と思うこと。
そろそろ、自分の欲望だけ追求する動物本能的生活じゃなく
人間だけに与えてもらえたものを大事に育てる生活を始めるのもいいじゃないですか。
そんなことを思い、ボクは今年を生きていこうと思ってます。

みなさんの目指している「大人(人間)」はどんなものですか?


(投稿終了)歳を重ねるあなたは美しい ブログトップ