So-net無料ブログ作成
(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05 ブログトップ

(7)出雲の国の三十路男、お伊勢参りする(後) [(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05]

月讀宮は内宮から約20~30分くらい離れた場所です。
ここには4つのお宮が並び、それぞれに神様が祀られており
他とはまた違う厳かさが漂っています。

左(画像手前)から
伊佐奈彌宮(いざなみのみや)、伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)、
月讀宮(つきよみのみや)、月読荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)。
ボクがお参りしたあとに若い男女3人が来て
そのうちの女性が、一番右の月読荒御魂宮にて平伏しておられました。
何か特別な思いがあったのでしょうか。
内宮までもう少し、あと少し・・・

※お参りの順序は、月讀宮→月読荒御魂宮→伊佐奈岐宮→伊佐奈彌宮が一般的だそうです。
 ボクは情報不足で、右から順にお参りしてしまいました。

内宮はお伊勢参りの終点だからでしょうか
人々の願いが成就した喜びを開放しろと言わんばかりの
大らかさ、賑やかさが周辺に満ち溢れています。
他のお宮とは全く違う空間。
その代表的なのが、門前町というべき「おかげ横丁」。

門前町といっても最近は大したことは・・・と思っていたら
GWのせいもあったのでしょうが、大賑わい。
あるお店で念願の「伊勢うどん」を注文しても
10分以上待つはめに。
これがその伊勢うどん。

「甘いタレのかかった独特なうどん」と
どっかのテレビ番組で言っていたと記憶してたんですけど
茶色いタレは見た目と違い意外とさっぱり味で甘みもそこまできつくありません。
うどんは特徴があり、デカいタピオカが麺になったような見た目と食感。
この麺とタレとが、結構合うもんで。
ちなみに、伊勢うどんを思いの外待ったおかげで
隣にあった屋外の見世物小屋のような場所で
「神恩太鼓」という大太鼓の演奏を観ることができました。
演者のキリリとした姿と迫力満点の演奏に魅入ってしまいました。
ホントにこの日は、いろいろ遅れてラッキー。

そして「おはらい町」。

ここはかの有名な「赤福」が全面バックアップしている通り。
おかげ横丁との交差点に、本店があります。

もう一つの念願の赤福は、内宮にお参りしてからね。

いよいよ内宮に到着です。
五十鈴川に架かる宇治橋を渡り、木々の茂る玉砂利道を先へ進み
御手洗場、滝祭宮(たきまつりのみや)、風日祈宮(かざひのみのみや)を参り
いよいよ内宮御正殿へ。

昔も現在も、皆がここを目指してお参りしていくのかと思うと
なんだか感慨深いものがあります。
ちなみにここまで書き忘れていましたが
伊勢神宮参拝のお作法は「2礼、2拍、1礼」です。
なお出雲大社は確か「2礼、4拍、1礼」なので参考までに。
荒祭宮(あらまつりのみや)でより積極的な人生になれるようお参りし
内宮敷地をひとまわりして、参拝を無事遂行。

おはらい町の内宮寄りにも赤福のお店があるので
そちらで心置きなく「赤福」をいただきました。

よく、大阪とかのお土産屋で買う「赤福」と本場の「赤福」は
水が違うから味が全然違う、と関西人から聞いてましたが
確かに違う! こしあんがさーっと口の中で溶けていくんです。
甘さもむしろあっさり。
出来立てだからなのもあるだろうけど
お土産でもらうのは、結構あんが甘みも舌触りも重くて苦手なんですけど
これは違うですよ。
密かに人気の「赤福氷(宇治金時の小豆代わりに赤福)」は
また次の機会にでも。

バスに乗って一気に伊勢市駅まで戻り
実は行きそびれた月見夜宮にも、遅ればせながらお参りを。

小さい外宮はまだまだあるはずですが
主だった宮はなんとか廻れたでしょうか。

三重の友達と出雲大社に行ったとき、彼は
「立派な建物だなー」と言ってくれました。
確かに、伊勢はどこもほぼ同じ形状のお宮なので
建物自体としては面白みはないのかも。
出雲大社の本殿のほうが建物としては立派でしょう。
でも、伊勢も立派じゃないですか。

伊勢のそれぞれのお宮のそれぞれが
森(山)の中にあるのには結構驚かされました。
ここの人々は、森そのものを神として祀っているのでしょう。
玉砂利を踏みしめて木々の間を進むと
胡散臭い意味ではなく、何かしらの「霊感」を感じるような厳粛な空間だと。
こんなこと言ったら、歳の割に、という感じでしょうけど
いいんです。ボクが満足してるから。
帰り道は、とても清々しく穏やかな気持ちになっていました。
八百万の神は、静かな土地でこそ、神々しさを保てるのかも知れません。

宇治山田駅へ戻り、ロッカーから荷物を出して
大学の同級生の待つ伊賀神戸駅へ向かう近鉄急行に乗り込みました。
今年のGWは、なかなか濃厚な日々が続きます。

※2005年は第62回式年遷宮の始まりの年です。
 今年から8年がかりで、遷御の儀まで様々な儀式が執り行なわれます。
 各宮の説明を含め詳細は、公式HPがありますのでそちらを参考に。
 また「おかげ参り300年」の年とのこと。
 「ええじゃないか!」と伊勢詣出ブームがあった最初の年から
 300年目だそうです。
 ボクは時間がなく断念しましたが
 余裕がある方は、近くの二見・志摩へも足を延ばされては。

(前編はこちら) (中編はこちら)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

(6)出雲の国の三十路男、お伊勢参りする(中) [(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05]

お伊勢参りのスタート地点となる外宮。

ここから、内宮に向かって移動していくのが、正式なお詣りだとか。
伊勢神宮は、出雲大社と違い、外宮、内宮、別宮があちこちに分散しており
正式にはそれらを、外宮から終点の内宮まで巡っていくのです。
ただ、観光で、という方々は、内宮だけ行くってことも多いそうで。
ボクは観光・・・だけどもちろん1日かけてじっくり巡るのだ。

入り口から既に、出雲大社とは全然違う空気が漂っています。
それも多分、お宮が深い森の中に囲まれているような場所に
建っているからだと思います。
建物やその中だけでなく、森、山自体が神といった趣き。

午前かつカレンダー的に平日だったので、割と人はまばら。
ただ、観光客より報道関係っぽい人達がなんか多い・・・なんだろな?
外宮の正殿をお参りしてから、亀石を眺めていると
どうも辺りが騒がしくなってきました。
なんか皇室警備っぽい制服の人も多いし・・・。
実はこの日は、神事が行われる日だったようで
電池が切れてマゴマゴしてたおかげで、
偶然にも、それを拝見することができたのでした。

厳かな空気。時の流れがここは全く違うのです。
観るのは途中までにして、多賀宮、風宮、土宮にお参りし
華やかこの上ない勾玉池の公園を一周して
旅路を急ぎました。なにしろ1日で廻るのですから。

次に向かったのは倭姫宮。

この画像でも分かるように
全ての宮で、神殿の隣に空き地、そこに小さなお宮が建っています。
伊勢神宮では、20年毎に神殿を新しくして
神様にうつっていただくという「遷宮」という儀式が行われるのです。
なんでも昔は国からの資金援助があったそうですが
大分前に援助が打ち切られ
現在では一般の献金のみで行われているそうです。
ここまで大がかりな儀式を行うというのに
予備知識のなかったボクにとってはかなりビックリ。
人々にとっての神様の存在の大きさを、こんな形で思い知らされました。

現在ではお伊勢参り、歩く人なんてそんないないようです。
車、バイク、バスが一般的みたいですね。
外宮-倭姫宮も大概遠かったんだけど
倭姫宮-月読宮間を歩いたのはえらい大変でした・・・。
昼ごはん食べてなかったし。

(後編へ続く) (前編はこちら)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

(5)出雲の国の三十路男、お伊勢参りする(前) [(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05]

激しい雨が降る5/1夜
近鉄急行にて名古屋を出発、一路伊勢市駅へ。
大正時代からの建物を使ったお宿「星出館」にて宿泊。

到着が22時を超えるので、前もって連絡はしたものの
玄関を入ってから大荷物を抱えてマゴマゴ。
玄関入ってすぐのチェアでくつろいでおられた男性
(後に別のお客さんであることが判明)に
親切にもおかみさんを呼んでいただき
チェックインらしきこともせず、すぐにお部屋へ。
間違えて広いお部屋に通されてしまうなど、おちゃめなおかみさん。
お風呂の時間が22時半までとも知らず入っていると
突然電気が消え、真っ暗に!
慌てて「まだ居ます!」と言うと
「ごめんね~ゆっくり入って~」とおかみさんが電気をつけてくださる。
悪いのはこっちのほうなのに、申し訳ないことこの上なし。
4畳半のこじんまりとしたお部屋「桜」に戻り
ようやくのんびりお茶を飲んでから就寝。

「星出館」には「水琴窟」があるのです。
水滴が井戸に落ちる音を、竹筒を通して聞くと
お琴を弾いたかのような澄んだ音色が聞こえるという
昔の風流なお遊びの一つです。
起床し朝食をいただいたあと、ちょっと拝聴。
こんな楽しみを作るなんて
いろんな意味で相当余裕のある人だったんだろうな~と思いつつ
このホントの良さを判るには
ボクらの気持ちにゆとりができないといけないんだろうな、と思いました。
まだまだボクらは忙しすぎる。

チェックアウト時にまた一騒動。
カードを使おうとすると「手数料がかかっちゃうから、現金がいいわ~」。
近くの郵便局まで走り、ようやく支払いを済ませたと思えば
おかみさんのお話が止まらん止まらん。
ははは。1泊したら、セカセカした気持ちもどっか飛んでっちゃいます。ここ。
ほっこりした気分でお宿をあとにし、お伊勢参りいよいよ開始。

お伊勢参りとは(まさか知らない人のために)
簡単に言えば伊勢神宮へお参りすることです。
神様を今よりもっと崇め奉っていた昔の人々にとっては
死ぬまでに一度は、といった大旅行だったものです。

その玄関口となるのが、近鉄 宇治山田駅。

立派な洋風建築のターミナル。
もちろん伊勢市駅からも行けます(多分外宮には近い)が。
ここのロッカーに大荷物を押し込んで、いざ出発・・・
・・・ところが、デジカメの調子がなんだかおかしい。
一度外宮に入ったものの、途中で電池切れだと判明し
電池を購入して、もう一度仕切り直しっと。

(中編に続く)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

(4)名古屋で食べよう [(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05]

名古屋は独特な食文化、っていうのは
なんとなく聞いてたんですが、ホントでしたね。

まず、手羽先。
ボクが食べたのは「世界の山ちゃん」というお店の手羽先。
スパイシーでほんのり甘くて
食べたことのない「スナック」感覚。
ごはんとして食べる味って感じでないけど
ビールとかおやつとかだと抜群です。
食べ方までパクパクスナック気分。

味噌かつは、大須の商店街内のとある食堂で
定食として食べました。
うむ、これはやっぱり好き。
まったりと甘い味噌が、かつもだけど白ごはんにピッタリ。

あまり知られていないかも知れない「あんかけスパゲッティ」。
中華のイメージを想像するなかれ。
店によって違うのかも知れませんが
具の上か周りにかかっているのが、トマトソースの「あん」。
パスタ自体もあんかけ向けなのか、結構太麺。
これもまた、意外と美味しいんですよ。

喫茶店のモーニングとか、小倉トーストとか、伝説の喫茶「マウンテン」は
体験できず、とっても残念。
それにしても、名古屋の食べ物って、総じて「茶色い」イメージですね。
茶色って食欲そそる色だから、ある意味間違いないんですけど
食べてみて美味しくても、やっぱり「意外」って冠が付いちゃうのは
名古屋の食文化のいろんな意味での特徴なんでしょうね。
全国に殆ど拡がらないのも、ある意味ミステリアス。
名古屋に来て食べやがれ、ってことですね、つまり。


(3)愛・地球博(後半) [(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05]

海外パビリオンは、企業のより空いてたので
割とサクサク廻れました。
ただし、海外ゾーン間にかなりの距離があるから
ファミリー、お年寄り、足の悪い方は動きにくそう。
外周を廻るグローバルトラム(路面電車みたいなの)とか
長久手会場内のロープウェイは有料だし。
入場料割とするんだから、無料にすればいいのに。なんだかケチ。

良くも悪くも印象に残ったものだけ書きます。
かなり端折った内容なのであしからず。
【グローバルコモン1(アジア)】
≪スリランカ館≫
 スリランカの産業(織物、彫金など)の実演が夜遅くまで行われていた。
 文化・自然についての展示も充実していて見ごたえあり。
 この国の気合の入れようと、人々の誠実さが伝わる内容。
 スマトラ沖津波被害についても包み隠さず展示した姿勢に、非常に好感を持った。
≪イエメン館≫
 入った瞬間視界に飛び込んだのは
 現地の路地裏のように、2階の窓から現地人が見下ろす光景。
 現地土産物通りに迷い込んだかのような異様な熱気。
 2階もあり、そこには休憩所が。
 現地人が見下ろしていた場所はここだったんだな~。
 来場者も休憩できるけど、館内の現地人も休憩しているというごった煮空間。
 ある意味旅行気分を堪能。

【グローバルコモン2(北・中・南アメリカ)】
≪メキシコ館≫
 予想外の洗練された空間。
 青いライトを基調にしたクールな空間に
 メキシコの自然環境・生物に関する、工夫を凝らした展示。
 地面に映る文字を踏むと、頭上のビジョンの画面が反応するコーナーは
 とにかく子供達に大人気。
≪カナダ館≫
 映像・音響共に圧巻。
 カナダの四季と人々の自然との共生を
 ドラマティックに編集した長編ビジュアルを前・後半に分けて放映。
 出口付近にPC環境を使ってカナダについての説明を見ることのできるエリアあり。

【グローバルコモン3(ヨーロッパ)】
≪スペイン館≫

 地中海らしいカラフルな六角形の陶器でできた壁は
 間違いなくインパクトNo.1。
 こんなのがところどころにありました。

 『よじ登るな』だそうです。
 体験するようなエリアがなかったのが少し物足りない気もしたが
 テーマごとに分割された空間に展示あり。
 一番広い空間では、松田龍平氏出演の紹介ビデオが放映。
 サッカー等スペインのスポーツ展示があったのも特徴的。
 何より、男性アテンダントがありえないくらいに男前。

≪トルコ館≫
 幻想的、神秘的な空間を、ライティング等で見事に演出。
 文字、音声による説明を極限まで抑え
 アート色の強い美術館のような空間。
 訪れたパビリオン中、最も感動されられた。
 トルコの歴史、またトルコと日本との歴史についても知ることができ
 アテンダントのフレンドリーさも合わせ
 親日ぶりが十分に伝わる内容。

【グローバルコモン4(ヨーロッパ)】
≪ベルギー館≫
 180℃ビジョンによる
 北欧ベルギーの雄大な自然環境と美しい街並の鳥瞰映像が素晴らしい。
 出口にはベルギーチョコレート、タンタン関連商品等の販売ショップに
 ベルギービールパブと、何故かベルギーワッフルのマネケン
 (マネケンってベルギーの会社?)。
 パブでは数十種類のビールが販売され、食事もできる。
 ベルギービールは、各ビール専用のグラスがあるので、それも楽しい。

≪ロシア館≫
 ある意味もの凄い。
 宇宙事業、軍事産業、工業、住環境等の展示が目一杯で
 ちょっと情報過多で疲れてしまうかも。
 国力を存分にアピールしている内容だけど
 自然環境についてはあんまりなかったような・・・。
 O氏曰く「ここまで前世代的な展示だと、かえって面白いな」
 (っぽい内容)。

【グローバルコモン6(オセアニア・東南アジア)】
≪マレーシア館≫
 熱帯雨林(マングローブ林?)をイメージした館内で
 ガラス張りの廊下の上を進む。
 木々(レプリカ?)に囲まれつつ、生物観察のようなことができる。
 国の先端技術をアピールする場でもある万博だけに
 自国企業の技術展示が多かった。
 展示の微妙な古臭さがなんとも言えずよい。
≪番外・屋外イベント≫
 グローバルコモン6の広場では、イベントが結構行われているようで
 オーストラリア館前では、大道芸人のパフォーマンスが行われていました。

 からっとした明るさが、万博の雰囲気にピッタリ。

 インドネシア館前の屋根付きステージでは
 連日各国の文化イベントが行われているようです。
 これは確か、インドネシアの伝統舞踊。

【その他】
O氏から前もって聞いてたのですが
予算のかけられない国のパビリオンは、軒並み土産屋出稼ぎ状態でした。
グローバルコモン5(アフリカ)は、まさにその状態らしいので
行くのはやめました。

国の英雄を誇らしく掲げる国もありましたね。
例えばキューバのチェ・ゲバラや、リビアのカダフィ大佐。
あ、共産主義国ですか。
キューバ館はラムの飲めるバーがありましたよ。
あと、ブルガリア館はバラの香りに溢れてて
女性は心ときめくんじゃないでしょうか(K嬢もキャッキャ)。

時期的に中国館、韓国館にはパトカー横付けで警戒状態。
ちなみにアメリカ館は興味がなかったので、行きませんでした。
アンデス共同館がGWなのにまだ開館してませんでした。
どうなってるんでしょう・・・。
フランス/ドイツ/イタリア/スイス館も行きたかったのですが
なにしろ大人気大行列で断念。
ドイツ館に至っては、サツキとメイの家同様、完全予約制でそもそも×。
イギリス館のイングリッシュガーデンはちょっと期待外れかな
(中の展示は体験が主だったので、なかなかでしたょ)。
ちなみに、スイス館は
スペイン館と違う意味で外観のインパクトあり過ぎだったので撮影。

パスポートでも買って、5~6回に分けて観に行くのが絶対いいですね。
広すぎます。
瀬戸会場なんて行く暇がなかったです(18時で終わるし)。
閉館間際まで目一杯いたんだけど
おかげで帰りのリニモ万博会場駅は超大行列。
帰りはできればちと早めにしたほうがいいですね
(いろいろ観たかったら、どうしても遅くなっちゃいますけど)。

人生初めての万博。
いろいろ言われてたりしますけど
ボクは単純に楽しめました。
日本人が、エンターテイメントに変に食傷気味になってるから
知ったかぶりで要らんこと言ってるだけですょ。


(2)愛・地球博(前半) [(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05]

4/30。
愛・地球博へゴー、ということで
地下鉄経由リニモに乗って会場へ着いたのが8時半くらい。
万博関連の仕事もしている先輩O氏も
「こんなに混んでるリニモ乗ったの初めて」ってくらいの人、人、人。
当然会場入口にも人、人、人。
入場券を持ってないボクらは、購入の行列に並んでから再び入口の行列へ。
出遅れたおかげで、人気パビリオンの予約もできず
おとなしく並ぶしか仕方なく、事前に買っとけばよかったとつくづく後悔。

まず向かったのは「長久手日本館」。
竹篭イメージの外観の建物です。
自然をテーマにしている万博の、ホスト国政府のパビリオンだけに
行列を極力少なくすべく、システマティックに進行させつつ
(といっても30分は入場まで待ったけど)
地球環境・生命といったものを十二分に体感させ
飽きさせないような造りになっていたのは、なかなか。
360゜フルに映像・音響を駆使していて
特に「地球の部屋」は
子供が「怖い~!帰る~!」と号泣するほどの迫力でした。
ゆっくり動いて50分~1時間くらいかな。
結構広かったです。

11時台に早めのランチを済ませて
国連館、メキシコ館、キューバ館、イエメン館
(海外パビリオンについては後半)を経由して
企業パビリオンゾーンへ。
こちらもどこももの凄い行列で
2館は行きたかったんだけど、結果的には1館しか行けませんでした
(7時超えて再度行ったら、既に入場人数に達してて並べませんでした・・・)。
唯一行ったのが、三井・東芝館「グランオデッセイ」。
自分が映像に出演できるものです。
撮影した顔がCG加工されて、3D画像のストーリー出演者になるやつで
運がよければメイン級の頻度で画面に出てくるんです。
ボクは横でうなずいてるだけだったけど
O氏は頭脳明晰かつよく喋る役でやたら出てきました。
ストーリー佳境~エンディングまでの流れ・造りは
予想外の展開だったので、びっくりかつよくできてると、またもや感心。
顔の撮影までなんだか乗り気でなかったO氏も満足した様子。
しかし主人公が加山雄三氏だったのは、最後まで残った謎。

休憩がてらソフトクリームを購入。
予想通り、名古屋だけに「味噌ソフト」が存在。

北ゲート近くのお店で買いました。
予想を覆すほどの徹底した「味噌」味。
「食えるかこんなもん!」ってほどまずくはないですが
久々に悩んだ瞬間でした。

日立館とか行ってみたかったけど
土日祝の企業パビリオンは、絶対予約しておかないと
何館も廻れませんね。
もっとも、全期間フリーパスを購入すれば全部制覇できそうですけど。
でも、殆どのパビリオンで
行列する箇所に屋根がついてたり
パビリオン内に行列スペースがあったりして
熱射病・日射病になるような悪条件で待つことがないのは
よいなと思いました。


(1)セントレア/名古屋 [(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05]

今年のGW、有休上手く取れば大連休。
ボクは5/2に有休取って、4/28の夜行バスで一路名古屋へ。

【4/29・・・セントレア、知多半島、名古屋市内】
先輩O氏によれば、名古屋は観光地ではないと。
それでも、動物園とか名古屋港の水族館とかでも行こうかと思ってたけど
O氏の休みが取れたので
レンタカーを借りて、セントレア+知多半島へレッツゴーということに。

実家の近くに出雲空港があるのもあって
空港で航空機の離発着をぼんやり眺めているのが、結構好きなんで
セントレアが近づくにつれ、大人げ全くなくキャッキャ騒ぐ。
「連れて来甲斐のあるヤツやな」と言われる。

セントレアは乗降客+観光客で午前からもの凄いことに。
国際線と国内線が左右に分かれているから
乗降乗り換え、出迎えの際に分かりやすくて
いい造りの空港だな、と感心。
展望フロアはアホほど広く
広大な空や海をバックに国際・国内線両方の離発着が眺められる。
気分爽快。しかも無料。
即席カメラ小僧のように飛行機パチパチ。

建物はもちろん広くて、その中では結婚式もできるみたい。
大混雑のフロアからちょっと奥まで
そのチャペル(?)へ向かって歩いていくと
憩いの場のような静かな空間がありました。
セントレアのできるまで、みたいな展示があって
のんびりと時間を過ごしてると・・・どこからか!

『なぞの旅人フー』です。
セントレアのキャラクター、『なぞ』3人衆の1人。
『なぞのとり』と『なぞの荷物運び』もいます。
なんだかほんわかおっさんでかわいい。

飲食店もショッピングも展望風呂まであるセントレア。
名古屋中心部からも電車(名鉄?)で30分くらいだったはず。
なかなかよい場所です。

知多半島まで車を走らせると
海岸が見えると「太平洋?」って常に訊いてたけど
先端まで行かなきゃ、正確には太平洋は見えないんだねー。
名古屋湾ずっと見てた感じ。
天気が良過ぎて霞んでたのが残念。三重側もぼんやり。
料理宿で昼ごはん。お刺身、煮魚、素揚げ・・・魚介類三昧。
1200円で大満足。
魚介類は、地域によって全く違う味が楽しめるのが、何より素敵。

【名古屋市内】
大学の後輩D嬢が東京から馳せ参じるとのことで
急いで名古屋駅までお迎え。
東山公園にあるスカイタワーに行こうということで、市内をドライブ。
中心部に興味深い建物がいっぱいある名古屋。
これは名古屋市役所。

で、こちらはお隣りの愛知県庁。

屋根瓦の緑色とベースの洋風建築が特徴的。
名古屋城の屋根瓦とも同じなんだね。
あんまり見ない感じだけど、これが名古屋らしい統一感なのかな。

で、東山スカイタワー。

東山動物園側から入ったんだけど
5時前で動物園は閉園間近だったから、ホントはどうもまずかったみたい
(公園の逆側に、スカイタワー用の入口がありました)。
相変わらず霞んでたのもあって
クリアな眺めとはいかなかったのですが
地球博会場とかも見えました。
夕方~夜も開いてるから、そのタイミングも綺麗だろうな。

次の日は愛・地球博。
前もってチケット買ってなかったから、出遅れが心配だな~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
(投稿終了)ゴールデンウィーク漫遊記’05 ブログトップ