So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-08-06 今日の新百合ヶ丘駅前・昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ [今日の街]

IMG_5196.jpg
こんにちは。

13日、日曜日のお昼です。
フェスタサマーミューザKAWASAKI2017、2つ目の公演にお邪魔してから、
もう一週間が経ちました。

この日は小田急新百合ヶ丘駅からすぐの、昭和音楽大学までやってきました。
川崎駅から南武線に乗って登戸駅まで、そこから小田急線に乗り換えての到着。
新百合ヶ丘、初上陸です。
この前のフリーライブでお邪魔した流山や川口みたいに、
こんなことがない限り、訪れることなんてないであろう場所です。

IMG_5193.jpg
この大学のために駅があるかのようなアクセスの良さで、
うだるような暑さの中もストレスをそこまで感じないうちに、会場に到着しました。

IMG_5194.jpg
さて。
こちらのホール、テアトロ・ジーリオ・ショウワでこの日行われたのは
「東京交響楽団 究極の名曲集 これぞチャイコフスキー!」。
ミューザでは別の公演が行われていて、
出張公演という形で川崎市内のこちらで行われます。
もう、これまでのボクの領域から完全に縁遠い雰囲気がプンプンしますが、どうなるでしょう・・・。

この入口の雰囲気でなんとなくお分かりだと思いますが、
それぞれのレベル感で皆さんキレイ目にして来場されているくらいで、
周りの観客に圧倒されるといったことは、一切ありません。
なにしろ「本当に、このお代でいいの?」ってくらいで企画されていますから。
それが「フェスタサマーミューザ」が続いている、川崎に根付きつつある由縁かも知れません。

もちろん、公演そのもののレベルの高さは尋常ではなかったです。
山下一史さんを指揮者、ヴァイオリンに小林美恵さんを迎えての、チャイコフスキー。
どれがチャイコフスキーで、どれがバッハで・・・なんて、
ボク殆ど分かってないですけど、こちらも自分の楽しみ方で鑑賞させてもらうことにしました。
選ばれた作品がそうだったのもあるのでしょう、
暑さを一気に冷ましてくれるような時間を過ごさせていただきました。

当たり前といえばそうなんですけど、
クラシックの世界でも、作曲家の得意分野が曲の構成に色濃く反映されるものなんですね。
前回のミューザでのバッハはオルガンでしたし、チャイコフスキーは躍動的な作品。
演者の皆さんのエネルギー消費が凄そうだな、なんて全然関係ないところに感心したり。
大体ですよ、30~40分、断続的とはいえ弾き続けるんですよ、協奏曲やら交響曲だと。
エネルギーも集中力も軽い気持ちではとても持ちません。
これもまた、プロフェッショナルたる所以ですね。

あらかじめ白状しておきますけど、これは褒め言葉ですよ。
前半の終わりかけに、気持ち良過ぎてぼんやりとしてきて、フワッと眠ってしまいました・・・。

実は前の週のミューザでも、そんなことが。
音と振動が心地よいと、気付けば眠くなっているんです。
まるで電車に揺られているような、そんな感覚。
不真面目な気もしますが、気持ちよくなると本当にこうなるんです。

ついでに言っておくと、
他のロックやらポップスのコンサートでも、同じ理由で眠くなること、何度もありました。
クラシックなんて分からない、退屈だとかいう、小中学生みたいな理由じゃあないですからね。

ホールが違うと音が違う、というのが
前回のミューザと比べても、よく分かりました。
ミューザは音がそれぞれの音色が別々の「線」となって、目の前で一緒になる感じでしたが、
こちらのホールは、個々の音がブロックのようにあるべき位置に組み立てられて、
それがそのまま立体的に聴く側のほうへと飛んでくる、そんな感じ。

小林さんの演奏ももちろん素晴らしかったですが、
楽団の皆さんそれぞれの演奏も、本当に良かった。
まるでその人それぞれの個性が、音となって飛んでくるかのようで。
その個性は結構強いんですよ。じっくり見ているとそれも感じ取れました。

同じメロディを奏でるにしても、身体全体で表現する人もいたり、不動な人もいたり、
演奏スタイルにイヤでも出てくるものなんですね。
でも一つの楽団として、素晴らしく成立している。
そんな音の塊が、圧倒的な迫力でドーンと迫ってくるものですから、
それぞれの背景やまとまる苦労などを勝手に想像したりして、
ちょっと感動すら覚えてしまいました。いけませんね、こんな劇場的な鑑賞の仕方は。

ちなみに、この2回の公演を鑑賞していて思ったほんっとに失礼なこと。
ドラえもんのしずかちゃんや、サザエさんのマスオさんのヴァイオリンって、
やっぱりヒドいんですね。

一流の皆さんが一流たる所以が、その奏でる音のスムーズさにそのまま表れるものなんだな、
そう思った次第です(←変な締めでごめんなさい)。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント