So-net無料ブログ作成

中森明菜「今夜、流れ星」 [My Favorite 中森明菜]

カテゴリ「My Favorite 中森明菜」では、
ボクが小さい頃から、そして現在でも最も好きなシンガー、
中森明菜の楽曲を、紹介していこうと思う。

「今夜、流れ星」 作詞:夏野芹子 作曲:宇都美慶子 編曲: 白川雅

1998年5月21日のシングル曲。

同時期のヒット曲は、
GLAY「誘惑」「SOUL LOVE」、hide「ピンクスパイダー」、
KinKiKids「ジェットコースターロマンス」、福山雅治「HEART」、
ブラックビスケッツ「タイミング」、SMAP「たいせつ」、LUNA SEA「STORM」等々。
まさに、バンドブーム全盛期。男性アーティストが幅を利かせており、
逆に女性ボーカル勢が苦戦の時期だ。

中森明菜もまた、その苦戦の真っ只中。
このシングルは、オリコン上最低の最高順位となってしまった曲であり、
そのせいか、ライブリストに一度も登場したことのない、日の目を見なかった不遇なシングル。
しかし、じっくりと聴き込めば、その素晴らしさがスルメのように認識できる、
ナチュラルで美しく、素晴らしい曲。

夏野氏が描き出すのは、
突然訪れた、いや前触れもあったであろう別離を、ありのままに受け入れようとする主人公。
それでも、私はあなたを愛していた。それだけは真実。
そんな想いを、一筋光る流れ星に例え、忘れようとする健気さが、
彼女の優しく儚い歌声で、キラキラと光り輝いている。

もしかすると、シンガーソングライターである宇都美氏は、
彼女の大変なファンだったのではなかろうか、
そんな大好きな彼女に、このような曲を歌って欲しいという夢が叶った曲なのではなかろうか。
そしてその思いを、暗闇にキラッと光り輝くようなイメージに仕上げた、
白川氏の編曲もまた、やはり明菜ファンだったのではと思えるくらいに、素晴らしい仕上がり。

代表的な曲に印象付けられる、
「激情」「情念」「悲劇」といった、中森明菜という存在に与えられた劇場的イメージではなく、
その奥底に、彼女の中に静かに佇む穏やかで柔和で繊細な感情を、
ファンだからこそ引き出そうと苦心されたのではないかと想像される。

それくらいに、この曲は、様々な想いを乗せたものであり、
その想いを、シンガー中森明菜は、しっかりと受け止めて、咀嚼した。

よくある日常の一日を、さらっと歌ったように一見聞こえるが、
ナチュラルさの中に繊細な感情をしっかりと込めた歌唱は、
表現者中森明菜の本領発揮といったところ。
誰でも歌えそうで、そんな曲をここまでのレベルで歌えるシンガーは、やはりそうそういない。
年齢、そして様々な経験を経た彼女に、この楽曲はとても合っている。
あまりの切なさに、辛いとき、疲れたとき、何度もリピートして聴きたくなる曲だ。

なお、上記の通り、カラオケでは誰が歌っても歌いやすい、
親しみやすく、日本人が好きなマイナー調である分、とても気持ちよく歌える曲。
もちろん、明菜のように歌うのは、難しいのだけれど。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0