So-net無料ブログ作成
検索選択

出雲から - おばちゃんともうちゃんと、ぼく - ~ 一畑電車北松江線・大社線 川跡駅 [街小説]

IMG_5483.jpg
 「かわとぉー、かわとぉー・・・ごじょうすぃゃ、あるぃがとうごずぁーぇます、かわとでごずぁーぇます。いずもたいしゃぁほうみぇんは、のるぃかいぇです。ふむぃくぃりをわつぁって、いつぃばんのるぃばのでぃんしゃぁに、おのるぃかいぇ、くどぅぁーさいっ・・・」

 えきのおばちゃんがマイクでそういったあと、
 でんしゃがホームからぜんぶはっしゃしていった。

 はいいろのすきまにしろいくもがみえるそらと、
 ほどうにたってるきのはっぱがザワザワなるゆうがたが、ぼくはだいきらいだ。
 はっぱみたいにきもちもザワザワしてこわいから。
 きょうはのりくんもひでくんも、ほかのともだちとあそんでいるから、
 ぼくは、いっしょにあそべないおばあちゃんと、
 ふたりだけでうちにいるのがつまらなくて、
 えんとつのついたストーブのあるえきにきていた。
 かごにドラえもんのほんと、もうちゃんをいれたじてんしゃにのって。

 「ゆうちゃん、きょうはどげしたかね。もうちゃんももってきたかねぇ」

 あおいせいふくのおばちゃんは、
 ストーブのまえのかたいいすにすわっていたぼくのとなりにすわって、
 にこにこしながらそういった。

 「うん。のりくんもひでくんも、ともだちがいっぱいおるけん、きょうはそのともだちとあそんどるし、つまらんからきたわね」

 ぼくは、もうちゃんがしゃべっているみたいに、
 みぎてでもうちゃんをむにゃむにゃうごかしながら、そういったんだ。

 「もうちゃんはあそびにいってなかったけん、いっしょにきたかね」

 おばちゃんは、うん、とくびをたてにふった、もうちゃんをもったぼくのみぎてに、
 もうちゃんにもたせるように、ぼくにみかんをくれたんだ。
 ぼくは、もうちゃんがよごれないように、
 うしろのつくえにもうちゃんをおいて、
 ふにふにしたみかんをたべたんだ。
IMG_5501.jpg
 はいいろのくものすきまから、
 あかとむらさきのまじったようないろがのぞいているそらが、
 ホームとやねとのあいだからみえる、まどのそとをみながらたべたみかんは、
 すごくあまくて、すごくすっぱかった。

 もうちゃんは、うしのぬいぐるみ。
 ようちえんのバザーで、ぼくはくろいところがあかくなっていた、
 にゅうぎゅうのぬいぐるみがほしいといっていたのに、
 おかあさんはまちがって、
 にくぎゅうのぬいぐるみをかってきちゃったんだ。
 ぼくはすごくおこって、そのぬいぐるみを、
 きいろいおもちゃばこのなかにいれたまま、ずっとそのままにしていたんだ。

 だけどね、いつもあそんでいたパンやさんのトラックのミニカーがなくなって、
 おもちゃばこのなかをさがしてたら、
 そのぬいぐるみがでてきたんだ。
 そのときはじめて、すごくかわいいっておもったから、
 もうちゃんってなまえをつけて、
 じてんしゃでともだちのところにいくときも、
 ねるときも、いつもいつでもいっしょにいたんだ。
 つくえにおいたもうちゃんは、ぼくといっぱいあそんじゃったから、
 ちゃいろとしろのふわふわのけも、よごれてはげちゃって、
 おねえちゃんにぬってもらったつぎはぎだらけ。
 みかんのしるがついてもわからないくらいによごれているけど、
 もっとよごれたらだめだから、つくえにおいたんだ。

 「ゆうちゃん、もうごはんだけん、おばちゃんとバイバイすーだわ」

 じてんしゃでしごとからかえってきたおかあさんが、
 えきのとびらをガララとあけて、そういった。
 ぼくはたべおわったみかんのかわを、えきのおばちゃんにあげて、
 はんズボンでてをふいて、もうちゃんをもって、
 いそいでおかあさんのところにいった。
 それでとびらをしめて、もうちゃんをじてんしゃにのせたあと、
 おばちゃんにてをふって、じてんしゃにのって、
 おかあさんのあとをついていったんだ。
 ふりかえると、おばちゃんはぼくのほうをみて、にこにこしていたよ。


 ぼくがはじめてえきにきたのは、ぼくが2さいのときだったみたい。
 うちにぼくがいなくて、おとうさんも、おかあさんも、おばあちゃんも、
 ぼくをいっぱいいっぱいさがしたんだって。
 それで、おかあさんがえきのまえで、ぼくのさんりんしゃをみつけたから、
 えきのなかにはいったら、
 ぼくはえきのおばちゃんのとなりにすわって、
 あめをひとつもらって、なめてたんだって。
 ぼくはおぼえていないんだけど。


 ぼくは3ねんせいになった。
 たっきゅうぶにはいって、そのれんしゅうをゆうがたまでやっていた。
 でも、かぜのつよいひは、まだおかあさんがかえってきていない、
IMG_5510.jpg
 うちにかえるのがやっぱりきらいで、
 かえりみちのとちゅうで、えきによくいっていたんだ。
 そのときは、もうちゃんはもちろん、
 おうちでおるすばんしてるから、いっしょじゃないけどね。

IMG_5406.jpg
 そのひは、せいこちゃんの「ピンクのモーツァルト」を口ずさみながら、
 あるいてかえっていたんだ。
 4さいのときに、おとうさんからくろいラジオをもらってから、
 いっぱいいっぱいうたをきいて、
 いろんなうたがうたえるようになってたんだよ。
 「とうきょうブギウギ」だってうたえるよ。
 ひとりでかってにベストテンごっこをして、
 がっこうからうちまでかえるあいだに、10いから1いまで、
 ぜんぶうたってたんだ。

 すると、うしろからじてんしゃにのったゆりちゃんが、

 「ゆうくん、きょうはなにうたってるの?」

 っていいながら、とおりすぎていった。
 きこえないようにしていたつもりだったのに、
 ずっとまえからしられていたんだとおもったら、
 ぼくはきゅうにむねがバクバクして、
 パァーっとかおがあかくなっちゃった。

 あかいかおのままえきにいったら、
 そのひは、おばちゃんがいなかったんだ。
 ちがうえきのしゃしょうさんがなかにいたから、
 おばちゃんはなんでいないの、ってきいたら、
 しゃしょうさんは、かぜをひいたからきょうはおやすみしたんだって、いったんだ。

 しゃしょうさんに、おばちゃんのうちをおしえてもらうと、
 ぼくははしってうちにかえって、ランドセルをせおったままで、
 もうちゃんとこたつのうえのみかんをひとつ、じてんしゃのかごにいれて、
 おばちゃんのうちにむかって、いそいでじてんしゃをこいだんだ。
 ぼくはひとみしりだったから、はじめていくおばちゃんのうちのピンポンを、
 ドキドキしながらおしたんだ。
 すると、しらないおじさんがとびらをガララとあけたんだ。

 「お、おばちゃんがかぜだってきいたけん・・・これあげてください」

 「おー、わかったわかった。さむいにかーにきてごいて、だんだん」

 おばちゃんがでてきたら、
 もうちゃんからみかんをあげようとおもっていたんだけど、
 おじさんにそうするのは、はずかしいから、
 もうちゃんをもたずに、ぼくのてでおじさんに、
 ぷにぷにしたみかんをあげたんだ。
 それでもかおはポッポポッポあつくなってしまったんだけど。

 そのふつかあと、かえりみちでえきのなかをのぞいてみたら、
 しろいマスクをしたおばちゃんがいたから、
 ぼくはえきのなかにはいっていった。

 「ゆうちゃん、みかんごいてだんだん。ゆうちゃんのごいたもんだけん、まかったわぁ」

 おばちゃんのかぜはまだなおっていなかったけど、
 にこにこしてくれたから、ぼくはうれしかった。
 うちまでのかえりみちは、
 ひとにへんなかおでみられないくらいのスキップをしながら、かえったんだ。


 こうこうせいになったぼくは、
 こうこうのごうかくいわいに、おとうさんにかってもらったミニコンポで、
 とおくのまちでながれている
 「ヤングタウン」とか、「サーフアンドスノー」とかを、
 ザーザーというざつおんとたたかいながら、
 べんきょうをしながらきいていたんだ。
IMG_5469.jpg
 えきとぎゃくほうこうのがっこうへの、じてんしゃつうがくになったから、
 でんしゃにのることもすくなくなったし、
 えきにあそびにいくこともなくなってしまった。

 りくじょうぶで、はしりたかとびをしていたぼくは、
 あるひ、はいめんとびのちゃくちで、マットからはみだしておちてしまって、
 あしをけがしてしまったんだ。
 けがをしたひは、せんせいのくるまでびょういんにつれていってもらって、
 そのあともくるまでうちにつれてかえってもらったんだけど、
 そのあとからは、でんしゃにのってびょういんにかようことになったんだ。

 「あら、ゆうちゃん、まつばづえなんかして、どげしたかね」

 「おばちゃんひさしぶり。げんきにしとったかね。これねぇ、たかとびでほねをおってしまったわね」

 「あーら、いけんねー。いまからびょういんかね」

 「そげだに・・・」

 そんなはなしをしているあいだに、
 でんてついずもしえきにむかうでんしゃの、
 はっしゃのベルがなりはじめてしまった。
 ぼくはいそいでホームにむかおうとするけれど、
 ギプスにまつばづえじゃ、
 だんさのあるふみきりもわたらなければいけないし、
 ホームのさかものぼらないといけないし、
 いそいでもどうしたって、まにあいそうになかった。
 でも、ぼくがでんしゃにのるまで、
 おばちゃんはベルをならしつづけてくれて、
 ぼくはぶじにでんしゃにまにあった。

2012-10-08 11.11.45.jpg
 にほんのでんしゃは、じかんどおりにはっしゃするのがすばらしいって、
 がいこくのひとがテレビでいっていたけれど、
 いなかのでんしゃは、おとしよりもこどももびょうきのひとも、
 ちゃんとのれるまで、まっていてくれるから、
 そんなところは、とかいじゃなくってよかったなと、ぼくはおもった。

 このひは、ぼくのいちばんすきな、
 かたがわにひらく1まいのじどうとびらの、セミクロスシートのでんしゃにのれた。
 ていしゃするときに、すごくゆれるでんしゃだったけど、
 ふゆにはあたたかくなる、いつもふかふかのいす・・・。
 ひとりになりやすい、せまいいすばっかりだったから、ぼくはすきだった。
 えきにていしゃするたびに、おおきくガタン。
 ぼくのからだもみぎからひだりにガタン。
 そんなふうにでんしゃにゆられながら、
 ぼくはむかいのまどからみえる、すっかりくらくなったそとを、
 ぼんやりとみていた。


 おおきくなったぼくは、
 おおきなまちにあるだいがくにいくことになった。
 いずもしえきからでる、とっきゅうでんしゃにのって、
 うまれそだったこのまちからでるひがきた。

IMG_5505.jpg
 ぼくをこまらせたほどうのきには、
 きみどりいろのちいさなめがはえてきていたけれど、
 はるというきせつなのに、
 ふゆみたいにさむいかぜがピューピューふいている、
 どんよりとしたくもりぞらのあさだった。
 ぼくは、こうこうのりくじょうぶの、
 しろじにあおのがらの、エナメルがポロポロはげてしまっているバッグと、
 かってもらったあたらしい、はいいろのぬのと、ちゃいろのかわでできた
 おおきなバッグの2つを、りょうほうのかたにかけて、
 いずもしえきまでいくでんしゃにのるために、
 うちからあるいて、おばちゃんのいるえきにむかった。

 「あらぁ、ゆうちゃん。きょうがいくひだったかねぇ」

 「そげだに。かばんがおもいけん、えらいわぁ」

 「そげにいっぱいもたんでも、おくればよかったにからに」

 「そげん、すぐつかうもんをいれとったら、こげなってしまったわねぇ」

 「まぁそげだわねぇ。もうちゃんはいれとーかね」

 「ははは。うちにおいとるわね。はずかしいわね」

 「はは、そげだわねぇ・・・わっせもんはないかね?」

 「たぶん、だいじょうぶだわ。もしあったとしても、おくってもらーけん。とりにかえっとったら、でんしゃにのれんしね」

 「そげだわそげだわ・・・。あんた、かぜひかんようにきをつけーだよ」

 「ありがとう。おばちゃんも、からだにはきをつけーだよ」

 「だんだん。こんどはいつかえってくーかね」

 「どげだーかなー・・・なつやすみにはかえってくーかなー」

 「そげかね・・・」

2012-10-08 10.59.24.jpg
 ぼくは、きっぷをかって、
 あおいせいふくのおばちゃんにきっぷをきってもらって、
 2ばんのりばのホームにたった。
 ベンチににもつをおいて、フゥーっとゆっくりいきをはきながら、
 りょううでをうえにくんで、せのびをした。
 いつもえきのなかから、おばちゃんといっしょにみていた、
 ひいかわのどてのほうをみながら、せのびをした。

 ぼくののるでんしゃがきた。
 フッとひといきついて、ぼくはにもつをかたにかけて、
 かいさつにたつおばちゃんにむかって、てをふった。
 ぼくがさんりんしゃでえきにやってきて、
 とびらのガラスからなかをのぞいたときから、
 そのときのことはおぼえていないけれど、
 たぶんそのときから、
 ずっとかわらないえがおで、てをふるおばちゃんをさえぎるように、
 でんしゃがホームににゅうせんし、ていしゃした。
 ぼくはでんしゃにのって、にもつをあみだなにのせて、
 まどをあけておばちゃんにもういちどてをふった。

 「なつやすみには、かえってくーけんねー!」

2012-10-08 10.53.34.jpg
 ぼくがおもわずそういったすぐあとに、
 はっしゃのベルがなりやんで、
 でんしゃはガタン、ガタン、ゆっくりうごきはじめた。
 おばちゃんは、なにもいわずにほほえんだまま、
 ずっとてをふっていた。


 そのとしのなつやすみ。
 ぼくはでんしゃでかえってきたけれど、
 おばちゃんはえきにはいなかった。
 なつやすみがおわってかえるときも、そのとしのねんまつも、つぎのとしも、
 おばちゃんはもう、えきにはいなかった。


 もっとおおきくなって、
 ぼくは、うまれそだったこのまちにかえって、しごとをやっている。
 なりたかったしごとじゃないし、
 おこられたりしてつらいこともあるけれど、
 いいひとがいっぱいいるから、けっこうたのしくやっている。
 はいいろのすきまにしろいくもがみえるそらと、
 ほどうにたってるきのはっぱがザワザワなるゆうがたも、
 ぜんぜんこわくなくなった。

 くろいラジオは、まだつかえるのに、
 しらないうちにおとうさんがすててしまった。
 ミニコンポはこわれてしまって、
 スピーカーだけがぼくのへやにのこっている。

 「しゃんきちゃないもん、すててしまーだわね」
 と、おかあさんにずっといわれていた、ボロボロのもうちゃんは、
 おとうさんにみつかってすてられないように、
 だいじにダンボールのはこのなかにいれて、かくしている。
 すてられないのは、
 ときどき、もうちゃんをてにとって、かおをちかづけると、
 ぼくがちいさいころのにおいと、おなじにおいがするから。

 おばちゃんがいまどうしているのか、ぼくはしらない。
 ちかくにすんでいたから、
 しろうとおもえば、しることはできるけれど、
 だれにもそのはなしをきくことはしていない。
 そうしないほうが、きっといいとおもっているから。

IMG_5489.jpg
 「かわとぉー、かわとぉー・・・ごじょうすぃゃ、あるぃがとうごずぁーぃます、かわとでごずぁーぃます・・・」

 だいがくでできたともだちが、ぼくのまちにあそびにくると、
 かならずいっしょにでんしゃにのって、
 いずもたいしゃまでいくことにしている。
 そして、でんしゃをまっているホームのうえで、
 おばちゃんのまねをして、ともだちをわらわせている。

 でもね、もうちゃんのことは、
 だれにもひみつにしているんだ。
 だって、はずかしいから。
 もう、ぼくはおとなになっているから。

 完

IMG_5496.jpg
一畑電車北松江線・大社線 川跡(かわと)駅

IMG_5422.jpg
松江から出雲、そして出雲大社を繋ぐ、
宍道湖北岸を走る私鉄、一畑電車の乗り継ぎ駅。
一畑電車で出雲大社を訪れる際、必ず乗り継ぎ、また通過する駅である。

IMG_5448.jpg
この写真の一番右、トップの写真の一番手前に見える、
3番乗り場に入線している電車の車体のカラーリングは、
平成の初めころまで、一畑電車の殆どの電車に施されていた「一畑カラー」であり、
主人公が高校生時代に乗った電車は、
実際に走っていた、このカラーリングのクロスシート自動扉電車である。
現在は、この写真の一両だけ、このカラーリングに復刻させている。

つい最近までは、物語の通り、
1番ホームが出雲大社前駅方面、2番ホームが電鉄出雲市駅方面、
そして3番ホームが松江しんじ湖温泉駅方面の乗り場だったのだが、
現在は、1番と3番とが逆になり、
1番ホームが松江しんじ湖温泉駅方面、2番ホームが電鉄出雲市駅方面、
そして3番ホームが出雲大社前駅方面の乗り場となっている。
出雲大社60年振りの遷宮を機に、
松江~出雲大社間の観光客の利便性、旅客輸送能力を高めるための変更と思われる。

当駅を降りて行ける、目立った観光地は、特にない。
私立高校や県立高校、スーパー銭湯風の温泉施設、そして出雲ドームくらいか。

この物語に出てくる、青い制服のおばちゃんは、
ボクが大学に行った頃まで、一畑電車から委託を受けて、
川跡駅の駅員をされていた、実在のおばちゃんをモデルにしたもので、
物語中の電車到着時のアナウンスは、
実際にそのおばちゃんがおこなっていた、ボクの記憶に深く刻まれたものであり、
そのおばちゃんの出雲弁を、なんとか再現させてみた、実際のアナウンスである。

そして、主人公に起こった出来事の幾つかは、
ボク自身が経験してきた、数えきれない出来事から掘り起こして描いたものである。
また、主人公の少年~大学生時代の時代背景は、ボク自身の成長過程と、ほぼ一致している。

つまり、フィクション半分、ノンフィクション半分、といった内容である。
どれがノンフィクションかは、秘密ということで。
また、できる限り再現してみた出雲弁の台詞の解説も、敢えてしないことにする。
出雲弁はこういう感じの発音なんだな、と感じていただければ、
何を言っているのか分からない方も、
皆さんそれぞれの感性で、内容を汲み取っていただければ、幸いである。

今回は、童話、もしくは絵本の文章を、と意識して、素直な感覚をそのまま表現し、
子供さんにも読めるように、との思いで書いてみた。
ひらがなとカタカナ、そして数字だけを使って表現すること、
読み間違えられないようにどう句読点をつけたらよいかを考えることは、
なかなか難しいものである。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 2

ヒデゴン

こんにちは、初めまして、名はヒデゴンと申します。
私も、この川跡駅の名物おばさん駅員を知っています。独特の出雲弁でご案内するところが印象にのこっております。時々、大阪から新幹線に乗車し岡山から「やくも」でここ一畑電車を訪ねてきました。また、、大阪から夜行急行「だいせん」があったころには、早朝より乗車しにきました。
また、ツアーでもデハ二を貸し切り乗車会にも参加しました。
何年かして一畑電車を乗りに来た時には、もうこの川跡駅にはあの名物おばさん駅員さんはいなくなりなんだか寂しい思いをしました。
私が、今現在勤めている会社に出雲出身の方がいて高校3年間は一畑電車で通学しておりました。今現在は、元、名物駅員おばさんはどうしておられるのか、以前デハ二の貸し切り乗車会にツアーに参加した際に本社の方に聞いたところによりますと、時々、私用で乗車されていたということを聞きました。長々とすみませんでした。
最後にあの独特の出雲弁で御案内する名物駅員おばさんの言い回しを
書かせて下さい。「かわとぉ~、かわとぉ~・・・ごじょうすぃゃあるぃがとうござずぁーぃます。かわとでござずぁぃーいます。いずもたいしゃぁほうみぇlんは、のるいかいぇす。ふむぃくぃりをわつぁって、いつばんのるぃばのでぃんしゃぁにおのるぃかいぇくどぅあ-さい。(アドリブで)いつばんのりばから、いずもたいしゃゆき、にばんのりばから、でんてついずもしゅゆきがはっしゃしま~しゅ」この、ことばが今でも脳裏に焼き付いております。
by ヒデゴン (2016-12-06 12:02) 

はらぼー

「ヒデゴン」さん、初めまして。
またご訪問いただき、ありがとうございました。
大分前の記事なのにコメントを残していただき、
そしておばちゃんのことを知っておられる方がいたことが、
とても嬉しいです。

だいせんに乗られたことがあるのであれば、
ボクと同じくらいか少し上の世代の方でしょうね。
ボクは大学生時代に電車通の友達と一度乗りましたが、
普通の車両で夜を明かすのはさすがにしんどいなぁと
つくづく思った次第でした(彼は感動してましたが)。

出雲弁の雰囲気は上手く伝わったでしょうか。
意味は同僚の方に教えていただいたら多分分かると思いますが。
出雲や松江などの記事も割と載せておりますので、
お時間がある時にでもまたご訪問くださいませ。
by はらぼー (2016-12-13 07:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0